動画制作サービスイベント・展⽰会動画

来場者の目を引き、心をつかむ
「イベント・展示会動画」

音と映像で人の目を引くことができる動画は、大勢の人が集まるイベントや展示会に適しています。

イベント会場で観客を盛り上げたり、展示会会場で商品やサービスをPRするために、動画の活用は大変効果的です。

ボーダーレスでは、目的に合わせた演出効果で来場者の心をつかむイベント・展示会動画をご提案いたします。

「イベント・展示会動画」を活用するメリット

  • 展示会ブースの前に設置することで、飲食店の看板のように来場者をブース内へ誘導することができる
  • 展示会ブースの装飾として使用することで、遠くからでも来場者の目を引くことができる
  • 展示スペースに持ち込めない製品やサービスであっても、視覚的に伝えることができる
  • イベントや展示会当日に参加できないスタッフの声や思いを来場者へ届けることができる

「イベント・展示会動画」の事例・活用シーン

イベント・フェス

イベント動画の活用事例で多いのが、イベントやフェスの当日、大型スクリーンで流すというものです。

イベントを盛り上げる演出の一部として、来場者の期待感や満足感を高める効果があります。イベント当日に使われる動画は大きく分けて3種類あり、それぞれ目的が異なります。

【オープニングムービー】 イベントの開幕時に流す動画のこと。来場者の心を瞬時につかみ、会場を盛り上げるだけでなく、イベントのメインテーマやコンセプトを伝える役割も持つ。冒頭でカウントダウンを取り入れるなど、これからスタートするイベントに対して期待を抱かせるような演出・構成で作られているのが特徴。

【アタックムービー】 場面の転換や、表彰式など、イベントの要所要所で流す動画のこと。来場者の注目を集めることが主な目的で、最後までイベントを飽きずに楽しんでもらうための演出の一環として使われる。イベントのスパイス的な役割を持っているため、派手なCGやインパクトのある音響を取り入れた動画が多いのが特徴。

【エンディングムービー】 イベントの閉幕時に流す動画のこと。イベント当日に撮影された映像をエンディングまでに編集し、エンドロールのように流すといった方法が多い。当日の思い出を振り返ることで来場者にイベントの記憶を焼き付け、充実感を感じさせる効果がある。

展示会ブース

展示会に出展する際、のぼりやパネルと併せて動画を活用する企業が増えています。

新規顧客の開拓やプロモーションの場である展示会では、数多くの企業が出展・来場しています。展示会ブースの入り口にディスプレイモニターを設置し、来場者の導線上で動画を流すことで、ブースへの集客効果が見込めるでしょう。

動画の内容は戦略によって様々ですが、会場や目的によってサービス紹介と会社(ブランド)紹介などを使い分けて使用されているケースもあります。

例えば、主な目的がブースへの誘導である場合は、インパクトを重視したティザー動画※ なども有効です。もし誘導ではなく商談の補助が主な目的であるなら、サービスの特徴やベネフィットを伝えられるような動画が効果的といえます。

※詳細な情報はあえて入れず、断片的な内容だけを見せることで注意を引く手法

YouTubeチャンネル

イベント・展示会動画を、YouTubeチャンネルで公開している事例も多くあります。

自社のYouTubeチャンネルで動画を公開することで、継続的な商品・サービスのプロモーションにつながります。

また、過去に行ったイベントや展示会の様子を記録映像として残しておけば、未参加の方にも動画を通して雰囲気を伝えることができます。イベント開催前に過去のイベント動画を公開することで、出展を検討している企業や、来場参加を検討している一般の方へのPRとしても使えるでしょう。

「イベント・展示会動画」制作のポイント

イベント・展示会動画では、目的を明確にして来場者の目線に立って考えることが重要です。会場に来場している来場者の気持ちを追求することで、成果をあげやすくなります。

イベントのオープニングやエンディングムービーの場合、主な目的は来場者の満足度アップです。どんな時に気持ちが高ぶるのか、どうしたら一体感や充実感などのポジティブな感情を生むことができるのかを考えましょう。

ビジネス目的の展示会の場合、動画の主な目的は集客や販売促進です。周囲がにぎやかな会場では音声が聞きとりにくくなる可能性を考え、遠くからでも目を留めやすい演出を入れるなど、工夫をしましょう。

目的に対して効果的な動画を制作するには、来場者視点の演出や構成を心掛けることがポイントです。

イベント・展示会動画のお見積り例を見る

目的とシチュエーションに応じた "見せ方" にこだわる、
ボーダーレスの「イベント・展示会動画」制作

ボーダーレスでは、来場者の目を引き、足を止めてもらうことを意識したイベント・展示会動画を制作いたします。

装飾的な役割で使われる動画なのか、来場者を誘導する目的で使われる動画なのか、商談の補足として使われる動画なのかなど、実際に動画が使われるシチュエーションを考慮した「見せ方」の違いにもこだわりをもっています。

シーオス株式会社様
会社・サービス紹介動画
制作期間
約2週間半(撮影なし/制作:約2週間)
使用用途
展示会
納品形態
フルHD MP4

展示会ブースでの使用を目的にご依頼いただいた、シーオス株式会社様の動画制作事例です。撮影は行わず、動画素材をベースに編集・グラフィックを加え、比較的短期間で制作しています。

本作では「ロジスティックスのトータル管理ソリューション」という目に見えないサービス内容や、「ニューラルネットワーキングロジスティックス」という概念をビジュアル化させることが課題でした。AIやロボティクスなどの最新技術による革新的なサービスであることを伝えるため、ホログラムなどの近未来的なグラフィックにて表現しています。

また、ブランディング動画としてご使用の可能性もあるということだったため、グローバルな表現を意識し、言葉が通じない海外の方にも映像でニュアンスが伝わる作品に仕上げました。

SivanS株式会社様
Jeep®『GOOUTJAMBOREE2019』イベント動画
制作期間
約2ヶ月
使用用途
「Jeep Japan」YouTubeチャンネル掲載
納品形態
フルHD MP4

Jeep®が出展していたキャンプイベント「GO OUT JAMBOREE 2019」の様子を撮影し、動画化した制作事例です。イベントの楽しさや概要を伝える「アフタームービー」と、Jeep®の試乗会の様子をメインに伝える「走破性ムービー」の2パターンがあります。

こちらの「アフタームービー」では、ブランドイメージを大切にしつつ、見る人にイベントの楽しさや盛り上がりが伝わるよう意識して制作しています。

イベントのアフタームービーではタレントによる演出を入れることができないため、映像が単調にならないよう工夫する必要があります。本作では曲調にメリハリがあるBGMを選曲し、BGMに合わせてシーン展開をすることで、単調な映像になることを回避いたしました。

イベント・展示会動画の制作実績

  • SivanS株式会社 様

    SivanS株式会社 様

    Jeep®『GOOUTJAMBOREE2019』イベント動画

    • イベント・展示会
    • プロモーション
    • 実写

    この実績動画を見る

  • シーオス株式会社 様

    シーオス株式会社 様

    会社・サービス紹介動画

    • イベント・展示会
    • 企業VP
    • アニメーション
    • 実写

    この実績動画を見る

  • SivanS株式会社 様

    SivanS株式会社 様

    『Realの森forWrangler』イベント動画

    • イベント・展示会
    • プロモーション
    • 実写

    この実績動画を見る

  • 株式会社ウィズ・アス 様

    株式会社ウィズ・アス 様

    『新制毛機OltreDUE(オルトレドゥエ)』プロモーション動画

    • イベント・展示会
    • プロモーション
    • アニメーション

    この実績動画を見る

他の動画制作実績を見る

CMやインフォマーシャルで鍛えた腕、
そのイベントでも披露させてもらえませんか。

低コスト・高品質の理由。

当社スタッフは、全員が企画から撮影・編集、グラフィックまで全て担えます。 撮影したその場ですぐに編集・制作を始められることはもちろん、企画者の目線で撮影を行うため、現場でのフットワークや判断力もハイレベル。
低コストかつ高品質の映像制作を、当社はお約束いたします。

イベント映像の枠を越えた提案力に、ご期待ください。

映像を用いて、何か面白いことがしたい。そんなザックリとしたご依頼でもOK。 イベント会社の皆さん、あるいは経営者の皆さんと膝を付き合わせてブレストし、映像を用いたイベント演出のご提案を数多く行ってきました。
CMやDVD、インフォマーシャルなど多くの映像制作の経験を持つ私たちだからこそ、イベント映像の枠を越えたご提案が可能だと自負しています。

ボーダーレスのイベントムービー制作

一言でイベントといっても様々ですし、ムービーもイベント内の用途によって、多岐にわたります。

大規模なものとしてはビジネスショー、ファッションショーなどのショーイベント、また企業のフォーカスすれば周年イベントやキックオフミーティング、また個人をフォーカスすればブライダルなどもイベントのひとつです。こうしたイベントにおけるムービーには、用途で考えればオープニングムービー、プロフィールムービー、イメージムービー、ヒストリームービーなどなど...挙げればきりがありません。

つまりムービーは、イベントにおいてそのイメージを左右する要素のひとつであると言えます。これは同時に、イベントの成否にも関わってくるものとも考えられます。それだけにどの企業様・団体様も、イベントムービーの導入・制作については極めて慎重に検討を進めるのではないでしょうか。ご担当者様にとっても頭の痛い問題のひとつであることとお察しいたします。

私たちボーダーレスは、TVCMやインフォマーシャルを通じて培ってきた映像技術と経験・実績を駆使したご提案で、様々なイベントの大盛況・大成功の瞬間に立ち会わせて頂きました。

イベントを成功させたい、イベントを話題あるものにしたい...そんな主催者様の想いを共有し、映像へ落とし込み、ひとつの作品へ昇華させることが、私たちボーダーレスの願いです。イベントの企画段階からご相談いただければ、映像の枠を越えたご提案も可能です。

当社は、映像技術のみならず、企画力にも高い評価を頂いておりますので、ざっくりとしたご依頼・ご相談であっても、ブレストやコミュニケーションを進めることで、イメージを現実へ具現化するお手伝いができると考えております。

仮に、イベントの規模や予算に制限があったとしても、ボーダーレスの提案を妨げる物にはなりません。低予算・小規模の良さを最大限に発揮し、そこに映像を重ねることで結果として高い話題性を持ったイベントをご提案した実績もございます。もちろん、低コスト・高クオリティのイベントムービーは大前提。

当社スタッフはアーティストであると同時にプロデューサー・プランナーなど、様々な顔を持っております。映像ひとつとっても分業化されがちな昨今、当社スタッフは企画・撮影・編集と、全ての役割をひとりでこなすことのできる、百戦錬磨の実力者揃いです。いずれも世界に通じる技術を持ったトップクラスのムービー・グラフィックのデザイナーですから、コストは最低限に抑えつつも、ご満足いただけるムービーをご提示することができます。

主催者の方が持つイベント成功への情熱は、とても素晴らしいものだと、私たちは理解しております。その情熱の炎を、つまらない制限などで消したくない...そんな思いがあるからこそ、私たちボーダーレスは、決してあきらめず、粘り強く検討を致します。

もし、イベントの開催において、映像以外でも構いません、少しでも「キツいな...」「なんとかならないかな...」と感じる所がございましたら、是非私たちへご相談下さい。どんな条件のイベントでも、お客様が納得されるまでディスカッションさせて頂き、必ずや「これだ!」と膝を打つご提案をいたします。

映像・動画制作をご検討のお客さま

映像・動画制作の目的は、お客さまによって違います。
お客さま一人一人の目的やお悩みに対して的確で柔軟なご対応ができるのは、
完全内製化体制で実績を積んできたボーダーレスならでは。

映像・動画に関するご相談は、対応力と制作技術に自信を持つボーダーレスにお任せください。

ご相談や無料お見積りのご依頼は、電話またはメールからお気軽にどうぞ。

お気軽にお問合せ下さい
03-5829-9155
平日10:00~19:00
(土・日・祝日を除く)

無料相談・無料お見積りはこちらから

スペシャルコンテンツ

ボーダーレスを支えているクリエイターや、
ボーダーレスの映像・動画制作についてわかりやすくまとめたスペシャルコンテンツを公開しています。
映像・動画制作のご依頼が初めてのお客さまにもおすすめのコンテンツです。

  • 動画制作の流れ
  • 動画制作Q&A
  • 設備紹介
  • 動画雑学コンテンツ

その他の動画制作関連サービス

ボーダーレスがプロデュースしている映像・動画制作関連サービスと、
ボーダーレスにご協力いただいている企業様のご紹介です。

Pagetop